個人再生とは|債務整理に強い弁護士を名古屋でお探しなら「心」まで

弁護士による債務整理@名古屋駅

名古屋駅0.5分・Pサービス有

お問合せ・アクセス・地図

名古屋みなと法律事務所へ

個人再生とは

個人再生とは,裁判所の関与のもと,住宅ローンがある場合にはその部分を除いて,借金の額を減額の上,利息を全額カットし,3~5年間の分割払いにしてもらう制度をいいます(一般的な事案の場合)。

個人再生の場合の弁済額

a:債務総額が100万円未満の場合
個人再生手続によっても,利息がカットされるだけで,債務総額をそのまま返済することになります。
b:債務総額が100万円以上500万円未満の場合
100万円を返済することになります。
c:債務総額が500万円以上1500万円未満の場合
債務総額の5分の1を返済することになります。
d:債務総額が,1500万円以上3000万円未満の場合
300万円を返済することになります。
e:債務総額が,3000万円以上5000万円以下の場合
債務総額の10分の1を返済することになります。

※但し,いずれの場合も所有財産の評価額の総額以上は支払う必要があります。また,給与所得者等個人再生の場合には法定の可処分所得の2年分以上を支払う必要があります。

個人再生の主なメリット

  1. ○弁護士に依頼すると,各債権者からの取立てが止まります
  2. ○マイホームを手放さなくて済みます。
  3. ○借金が大幅に減額されます。
  4. ○自己破産のように各種の資格制限等がありません。
  5. ○破産者というレッテルが貼られることがありません。
  6. ○自己破産が認められないような場合でも,個人再生なら認められることがあります。

個人再生の主なデメリット

  1. ●信用情報センターに個人再生中である旨の登録がされてしまいますので,当面の間,新たな借入をすることやクレジットカードを作ることが難しくなります。
  2. ●自己破産とは異なり,債務が全くなくなるわけではありません。
  3. ●官報に掲載されます。

もっとも,一般の人が官報を見る機会はほとんどなく,個人再生したことを周囲に知られることはほとんどありません。

対応エリア

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

個人再生手続が不認可・廃止となってしまう場合

≪個人再生における返済額≫ 最低弁済額,清算価格総額

小規模個人再生と給与所得者等再生の違い

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ

ページ上部へ